混ぜる

【意味】 混ぜるとは、あるものの中に他のものを加えて一つにする。数種のものを一緒にする。かきまぜる。

【混ぜるの語源・由来】

混ぜるには、「まざ(間雑)」に動詞を作る「る」が付いたとする説や、「目」に動詞を作る「さる(ざる)」が付いたとする説などある。
「まぎれる」や「まぐわい」などは、「目」が語源となっているが、混ぜるが「目」に関係するとした場合、どのような状態になることを表すか定かではない。
そのため、「まざ(間雑)」の方が有力ではあるが決定的ではなく、語源は未詳。
漢字の「混」の「昆」には、「仲間」や「群れ」などの意味があり、「水」+「昆」の「混」は、まるくまとまることを表している。

【関連語】

和える・韲える(あえる) 一緒くた(いっしょくた) 入れる(いれる)
色々(いろいろ) 各々(おのおの) カオス
交わす(かわす) 玉石混交(ぎょくせきこんこう) 加える(くわえる)
紅一点(こういってん) 交尾(こうび) ごちゃごちゃ
ごった返す(ごったがえす) 渾然一体(こんぜんいったい) コンビ・コンビネーション
雑魚(ざこ) 雑(ざつ) 雑駁(ざっぱく)
様々(さまざま) しっちゃかめっちゃか 神仏混交(しんぶつこんこう)
千錯万綜(せんさくばんそう) 雑炊(ぞうすい) 雑煮(ぞうに)
其々・夫々(それぞれ) ちゃんぽん 天地混沌(てんちこんとん)
どさくさ 仲間(なかま) 悲喜交々(ひきこもごも)
フュージョン ブレンド 紛れる(まぎれる)
目合う(まぐわう) 交わる(まじわる) 混ぜこぜ(まぜこぜ)
斑(まだら) 区々(まちまち) 纏める(まとめる)
水(みず) ミックス 群れ(むれ)
銘々(めいめい) 坩堝(るつぼ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

交ぜる(まぜる)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス