眉唾

【意味】 眉唾とは、騙されないよう用心すること。眉唾物の略で、真偽の確かでないもの。信用できないもの。眉唾もの。

【眉唾の語源・由来】

眉に唾をつければ狐や狸に化かされないという俗信から生まれた言葉である。
江戸時代には「眉に唾をつける」や「眉に唾を塗る」などと言っていたものが、明治時代に入り、「眉唾物」や「眉唾」という言い方になった。

【関連語】

欺く(あざむく) 怪しい・妖しい(あやしい) 安心立命(あんじんりゅうみょう)
如何わしい(いかがわしい) イカサマ 偽る(いつわる)
訝しい(いぶかしい) 胡散臭い(うさんくさい) 嘘(うそ)
嘘の皮(うそのかわ) 嘘八百(うそはっぴゃく) 疑う(うたがう)
胡乱(うろん) エセ・似非(えせ) ガセ
疑心暗鬼(ぎしんあんき) キツネ・狐(きつね) きな臭い(きなくさい)
杞憂(きゆう) 食わせ物・食わせ者 小首を傾げる(こくびをかしげる)
こじつけ ゴシップ 洗脳(せんのう)
タヌキ・狸(たぬき) 騙くらかす(だまくらかす) 騙す(だます)
唾(つば) 出鱈目(でたらめ) 出任せ(でまかせ)
化かす(ばかす) 腑に落ちない(ふにおちない) ペテン師(ぺてんし)
マインドコントロール 真っ赤な嘘(まっかなうそ) まやかす
眉(まゆ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス