全く

【意味】 全くとは、完全に。すっかり。決して。全然。まるっきり。本当に。実に。

【全くの語源・由来】

全くは、「完全である」「完璧である」という意味の形容詞「まったい(全い)」の連用形が副詞として使われるようになった語。
まったいは、形容詞の「またい(またし)」が中世に促音化した語で、元々は、命や肉体が「完全」「健全」であるという意味で使われていた。
「まどか(円か)」が古くは「まとか」と清音で、欠けるところがないさまを表していることから、「まったい」の語源は「まどか」、もしくは同根と思われる。

【関連語】

遍く・普く(あまねく) 洗い浚い(あらいざらい) 粗方(あらかた)
あらまし 聊か・些か(いささか) 一向(いっこう)
概ね(おおむね) 凡そ(およそ) 皆目(かいもく)
からきし・からきり 完膚無きまで(かんぷなきまで) 完璧(かんぺき)
結構(けっこう) 決して(けっして) 毫も(ごうも)
悉く・尽く(ことごとく) コンプリート さっぱり
然も(さも) 更々(さらさら) 更に(さらに)
すっかり 全て・総て・凡て(すべて) 絶対(ぜったい)
全然(ぜんぜん) そっくり 大体(だいたい)
大抵(たいてい) 断じて(だんじて) 丁度(ちょうど)
具に・備に(つぶさに) てんで 到底(とうてい)
パーフェクト 偏に(ひとえに) ピンからキリまで
殆ど(ほとんど) 本当(ほんとう) 真・実・誠(まこと)
全う・真っ当(まっとう) 円か(まどか) 丸っ切り(まるっきり)
丸で(まるで) 満更(まんざら) 毛頭(もうとう)
専ら(もっぱら) 努々(ゆめゆめ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス