まつぼっくり

【意味】 まつぼっくりとは、松かさ。松の実。

【まつぼっくりの語源・由来】

「まつふぐり」が転じた語。
「ふぐり」は「精巣」「睾丸」のことで、形が睾丸に似ていることから、こう呼ばれる。
「まつぼっくり」も「まつふぐり」も、「ふぐり」の当て字に使われる「陰嚢(いんのう)」を用い、漢字では「松陰嚢」と書く。
「陰嚢」を「いんのう」と読む場合は「睾丸」を指すが、「ふぐり」と読む場合は「まつぼっくり」を意味することもある。

【関連語】

エゾマツ・蝦夷松(えぞまつ) 傘・笠(かさ) カラマツ・唐松(からまつ)
クリ・栗(くり) コメツガ・米栂(こめつが) シラビソ・白檜曾(しらびそ)
スギ・杉・椙(すぎ) ツガ・栂(つが) トウヒ・唐檜(とうひ)
トガサワラ・栂椹(とがさわら) トドマツ・椴松(とどまつ) ドングリ・団栗(どんぐり)
パイナップル ハイマツ・這松(はいまつ) ハリモミ・針樅(はりもみ)
ヒノキ・檜・桧(ひのき) 陰嚢(ふぐり) マツ・松(まつ)
実(み) モミ・樅(もみ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス