【意味】 松とは、マツ科の常緑高木。葉は針状で、2~3本または5本。雌雄同株。庭木や盆栽にするほか、材は薪炭・松明・建築・パルプなどに用いられる。樹脂は松脂、球果は松かさと呼ばれる。

【松の語源・由来】

松の語源には、久しく齢(よわい)を保つところから、「たもつ」の略転とする説。
行く末を待つ意味の「待つ」からとする説。
葉がまつ毛に似ているところから、まつ毛の「まつ」とする説。
神が木に宿るのを待つところから、「待つ」の意味。
葉が二股に分かれるところから「また(股)」の転など、他にも多くの説がある。
日本で松は古くから神の宿る神聖な木とされていることから、神を待つ意味が妥当で、「祀る(まつる)」「祭り」などの意味も考えられる。
漢字の「松」は、「木+音符の公(つつぬけ)」からなる字で、葉が細く間が透けているのを表している。
日本で松は、長寿の象徴、正月の門松、松竹梅では筆頭となっているなど大変尊ばれている木だが、中国では無骨者扱いされている。

【関連語】

アキカラマツ・秋唐松 イソマツ・磯松(いそまつ) ウメ・梅(うめ)
エゾマツ・蝦夷松(えぞまつ) オキナグサ・翁草(おきなぐさ) 門松(かどまつ)
神(かみ) 紙(かみ) カラマツ・唐松(からまつ)
カラマツソウ・唐松草 木・樹(き) コメツガ・米栂(こめつが)
松竹梅(しょうちくばい) ショウロ・松露(しょうろ) シラビソ・白檜曾(しらびそ)
スギ・杉・椙(すぎ) 炭・墨(すみ) 松明(たいまつ)
タケ・竹(たけ) 保つ(たもつ) ツガ・栂(つが)
トウヒ・唐檜(とうひ) トガサワラ・栂椹(とがさわら) トドマツ・椴松(とどまつ)
鳥総松(とぶさまつ) 葉(は) ハイマツ・這松(はいまつ)
針(はり) ハリモミ・針樅(はりもみ) パルプ
ヒノキ・檜・桧(ひのき) 薪(まき) 待つ(まつ)
マツイカ・松烏賊(まついか) マツカサイカ・松笠烏賊 マツクイムシ・松食虫
睫・睫毛(まつげ) マツタケ・松茸(まつたけ) マツノマダラカミキリ・松斑天牛
マツブサ・松房(まつぶさ) 松ぼっくり(まつぼっくり) マツムシ・松虫(まつむし)
マツムシソウ・松虫草 祭り(まつり) モミ・樅(もみ)
モミジカラマツ・紅葉唐松 ヤニ・脂(やに)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス