マス

【意味】 マスとは、サケ目サケ科で「マス」の名がつく魚の俗称。特に、サクラマス・カラフトマスをいい、釣りではベニマスとその陸封型のヒメマスやニジマスなどの略称としても用いられる。サケ類以外のサケ科を総じてさすこともある。

【マスの語源・由来】

朝鮮方言の「松魚」から「マスノイオ」と言ったとする説。
味が勝っていることから「勝る」に由来する説
大きいことから「増す」、繁殖力が旺盛なことから「増す」など諸説ある。
定説となっているものはないが、色の赤さや味、大きさや繁殖力などが「増す」に通じるため、「マスノイオ」に「増す」が加味され、「マス」で定着したと考えられる。
漢字「鱒」の「尊」は、「細長い酒壺の形をした」「かっこうがよい」を表した音符である。

【関連語】

赤(あか) 味(あじ) アマゴ・甘子(あまご)
アメマス・雨鱒(あめます) アユ・鮎(あゆ) イクラ
イトウ・伊富・伊富魚(いとう) イモホリ・芋掘り(いもほり) 色(いろ)
イワナ・岩魚(いわな) イワメ・岩女(いわめ) 海(うみ)
懸けの魚(かけのうお) カペリン・キャペリン カラフトシシャモ・樺太柳葉魚
カラフトマス・樺太鱒 カワマス・河鱒(かわます) キュウリウオ・胡瓜魚
キリクチ・切り口(きりくち) キングサーモン ギンザケ・銀鮭(ぎんざけ)
クニマス・国鱒(くにます) ゴギ サーモン
魚(さかな) サクラマス・桜鱒(さくらます) サケ・鮭(さけ)
サツキマス・五月鱒・皐月鱒 シシャモ・柳葉魚(ししゃも) シラウオ・白魚(しらうお)
筋子(すじこ) ダンブリ チカ
トラウト ニギス・似義須・似鱚 ニジマス・虹鱒(にじます)
ヒメマス・姫鱒(ひめます) ビワマス・琵琶鱒(びわます) ベニザケ・紅鮭(べにざけ)
増す・益す(ます) マスノスケ・鱒の介 マツ・松(まつ)
ヤマメ・山女(やまめ) ワカサギ・公魚(わかさぎ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス