まるで

【意味】 まるでとは、あたかも。ちょうど。さながら。まったく。全然。

【まるでの語源・由来】

まるでは漢字で「丸で」と書くように、円を表す「丸」に由来する。
丸は、欠けたところが無いことから、「完全」「全部」の意味を表すようになった。
江戸中期から、完全に似ているさまを表した「まるで」の形があらわれ、「あたかも」の意味が生じた。
「まるで違う」「まるで駄目だ」といった、下に否定的な意味の語を伴い、まさしくその状態である事を表す「まるで」は、明治時代に入ってからである。

【関連語】

恰も・宛も(あたかも) 如何にも(いかにも) イミテーション
瓜二つ(うりふたつ) 同じ(おなじ) からきし・からきり
コピー さっぱり 宛ら(さながら)
然も(さも) すっかり 絶対(ぜったい)
全然(ぜんぜん) そっくり ダミー
丁度(ちょうど) 到底(とうてい) ドッペルゲンガー
似る(にる) フェイク まがい物(まがいもの)
全く(まったく) 真似(まね) 丸・円(まる)
丸っ切り(まるっきり) 疑き(もどき) モノマネ・物真似(ものまね)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス