マネキン

【意味】 マネキンとは、衣料品店などで衣服を着せて展示・陳列する等身大の人形。マネキン人形。商品を使い宣伝・販売を促進する女性。マヌカン。

【マネキンの語源・由来】

フランス語の「マヌカン(mannequin)」が語源。
「mannequin」は、「小人」「人体解剖模型」「美術・衣装店の人体模型」を意味する「manikin」と同じ語系である。
日本では、「マヌカン」が「招かん(まぬかん)」に通じ縁起が悪いことから、「マネキン」と発音するようになったとされる。
この発音に決定されたのは、福助などの「招き人形」と「マヌカン」をかけたとする説や、「招金(まねきん)」と「マヌカン」をかけたとする説などあるが未詳。
英語の発音からとする説もあるが、英語でも「マヌカン」の発音に近い。
元々「mannequin」には、「ファッションモデル」のような意味と「マネキン人形」の意味があるが、日本では「マネキン人形」の意味として使われる方が早く、大正14年(1925年)に登場した。
実際に商品を身に付けて販売するマヌカンの意味で使われたのは、昭和3年(1928年)、上野公園で開催された『大礼記念国産振興東京博覧会』において、高島屋呉服店が登場させた「マネキンガール」が最初である。

【関連語】

アバター アパレル アンドロイド
市松人形(いちまつにんぎょう) ウィッグ 案山子(かかし)
カツラ・鬘(かつら) 着物(きもの) こけし
コスプレ サイボーグ ダルマ・達磨(だるま)
チラシ てるてる坊主(ぼうず) ドール
人形(にんぎょう) 人間(にんげん) ぬいぐるみ
ハウスマヌカン 埴輪(はにわ) PR・ピーアール
ビスクドール 人(ひと) 雛人形(ひなにんぎょう)
ヒューマノイド ビラ ファッション
フィギュア ブティック マスコット
マトリョーシカ 招く(まねく) マリオネット
モデル ロボット

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス