マニキュア

【意味】 マニキュアとは、手の爪の形を整えて磨き、エナメル液を塗って色をつけたり光沢を出したりする爪の化粧。また、それに用いるエナメル液。足の爪に塗る場合は「ペディキュア」。

【マニキュアの語源・由来】

マニキュアの「マニ」は、「手」を意味するラテン語「manus(マヌス)」、「キュア(cure)」は「手入れ」の意味で、「手の手入れ」がマニキュアの原義である。
「cure」は「心遣い」や「心配」を意味するラテン語「cura(care)」から、「治す」「治療する」の意味に変化した語で、「心配」「気にかける」を意味する「care(ケア)」と同源である。
日本では主に爪に塗るエナメル液を「マニキュア」と言うが、英語圏では広義になるため、「ネイルカラー」「ネイルエナメル」「ネイルポリッシュ」「ネイルラッカー」などと言う。
現在使われているネイルエナメルは1920年代から普及したものであるが、マニキュアの歴史は古く、古代エジプトでも行われ、中世ヨーロッパでは「ハンマム」という美容院で爪の手入れが行われたといわれる。
江戸時代の日本では、ホウセンカの花とカタバミの葉を揉み合わせた紅を爪に塗っていた。

【関連語】

アクセサリー 足・脚・肢(あし) 入れ墨・刺青(いれずみ)
色(いろ) ウルシ・漆(うるし) 釉・上薬(うわぐすり)
液(えき) エナメル お洒落(おしゃれ)
白粉(おしろい) カタバミ・酢漿草(かたばみ) カラー
隈取り(くまどり) 倶利迦羅紋紋(くりからもんもん) グロス
黥(げい) シンナー タトゥー・TATTOO
爪(つめ) 艶(つや) 手(て)
ニス 塗る(ぬる) ネイル
ネイルポリッシュ 葉(は) 花・華(はな)
パフ ピアス ビューラー
ファッション ファンデーション 文身(ぶんしん)
ペイント ペディキュア 紅(べに)
ホウセンカ・鳳仙花(ほうせんか) マスカラ 磨く・研く(みがく)
メイク メッキ・鍍金(めっき) 指(ゆび)
ラッカー ルージュ ワックス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス