真似

【意味】 真似とは、他の人や物と同じように似せること。模倣。

【真似の語源・由来】

マネは、動詞「マネブ(学ぶ)」「マナブ(学ぶ)」と同源。
「真に似せる」の意味から「マネ」や「マネブ」が生じた後「マナブ」となったものか、「誠に習う」の意味から「マナブ」が生じ、名詞形として「マネ」、動詞形として「マネブ」が生まれたと考えられるが、これらの語形は同じ時代(平安初期)に見られるため、その前後関係はわかっていない。

【関連語】

肖る(あやかる) イミテーション 瓜二つ(うりふたつ)
エセ・似非(えせ) 海賊版・海賊盤(かいぞくばん) 象る・模る(かたどる)
コピー シミュレーション ダミー
なぞる 偽・贋(にせ) 似て非なるもの
二番煎じ(にばんせんじ) 似る(にる) パクリ・パクる
顰に倣う(ひそみにならう) フェイク まがい物(まがいもの)
学ぶ(まなぶ) 丸で(まるで) ミミック
捩る(もじる) 疑き(もどき) モノマネ・物真似(ものまね)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

真似(まね)の類語・同義語 - 類語玉手箱
真似のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス