まなこ

【意味】 まなことは、目。目玉。黒目。ひとみ。

【まなこの語源・由来】

「ま」は「目」の意味で、複合語の中で用いられる時の形。
「な」は古形の格助詞で「の」の意味。
「こ」は「子」の意味。
「目」を意味する「まなこ」が「目の子」とされた理由は、元々、まなこは黒目(瞳)のみを指し、のちに目全体を指すようになったためである。

【関連語】

アイブロー ウインク 顔(かお)
がちゃ目(がちゃめ) 体(からだ) 隈・曲・阿(くま)
眩む・暗む・晦む(くらむ) 黒(くろ) 子(こ)
瞬く(しばたく) 秋波(しゅうは) 眇(すがめ)
玉・球・弾・珠(たま) 血眼(ちまなこ) 瞑る(つぶる・つむる)
涙(なみだ) 睨む(にらむ) 僻目(ひがめ)
瞳・眸(ひとみ) 瞬ぐ(まじろぐ) マスカラ
睫・睫毛(まつげ) 眼有って珠なし 眦(まなじり)
瞬き(まばたき) 眩しい(まぶしい) 瞼・目蓋(まぶた)
眉(まゆ) 眉間(みけん) 見る(みる)
目・眼(め) 目頭(めがしら) メガネ・眼鏡(めがね)
目が眩う(めがまう) 目尻(めじり) 薮睨み(やぶにらみ)
レンズ ロンパリ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス