まなじり

【意味】 まなじりとは、目じり。耳に近い方の目の端。

【まなじりの語源・由来】

古くは「マナシリ」と清音で、「眥」や「眼尾」などと表記された。
「ま」は「目」が複合語の中で用いられる時の形。
「な」は「まなこ」の「な」と同じく、「の」の意味の古い格助詞。
「じり(しり)」は物の最後や末端部分を表す「しり(後・尻)」で、まなじりは「目の後(しり)」の意味である。
平安時代には「まじり」の語が用いられるようになり、「めじり(目尻)」へと変化した。
現在では「目じり」が一般的に用いられ、まなじりは「まなじりを決する」の句の中で用いられる程度である。

【関連語】

アイブロー ウインク 尾(お)
顔(かお) 烏の足跡(からすのあしあと) 体(からだ)
隈・曲・阿(くま) 蟀谷(こめかみ) 尻(しり)
皺・皴(しわ) 涙(なみだ) 端(はし)
瞳・眸(ひとみ) 頬(ほお・ほほ) マスカラ
睫・睫毛(まつげ) 眼(まなこ) 眦を決する(まなじりをけっする)
瞼・目蓋(まぶた) 眉(まゆ) 眉間(みけん)
耳(みみ) 目・眼(め) 目頭(めがしら)
メガネ・眼鏡(めがね) 目くじらを立てる(めくじらをたてる) 目尻(めじり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス