まな板

【意味】 まな板とは、食材を包丁で切るときに下に置く板や台。

【まな板の語源・由来】

まな板の「まな」は魚の「真魚」のことで、元々は魚を切る時に使う板をさした。
古くは、魚も野菜も食材は「な」と呼ばれていたため、それを区別するために接頭語「真」が付けられたのが「真魚」である。
漢字の「俎板」「俎」は中国語からの拝借で、魚や肉を積み重ねて料理する台のこと。
古代中国では、供物を積み重ねて載せる台を「俎」と書いた。

【関連語】

板(いた) 板前(いたまえ) エプロン
おさんどん 割烹着(かっぽうぎ) キッチン
厨(くりや) 魚(さかな) 刺身(さしみ)
台(だい) 台所(だいどころ) 出刃包丁(でばぼうちょう)
菜(な) 肉(にく) 包丁(ほうちょう)
まな板の鯉(まないたのこい) マナガツオ・真魚鰹(まながつお) 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)
料理(りょうり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス