マナガツオ

【意味】 マナガツオとは、スズキ目マナガツオ科の海水魚。全長約60センチ。体は菱形で側扁し、うろこは小さくはげやすい。

【マナガツオの語源・由来】

マナガツオの「マナ」の語源は諸説あるが、「食用の魚」を意味した「真魚」の説が有力である。
「マ」は「本当」「真実」を意味する「真」、「ナ」は副食物を意味した「菜(肴)」で、「真魚」は最も価値のある副食物の意味が語源。
つまり、マナガツオは「真にうまい魚(カツオ)」の意味と思われる。
ただし、1597年(慶長2年)刊の『易林本節用集』には「学鰹 マナガツオ」とあり、「学」が当て字ではなく「まねる」の意味とすれば、カツオが捕れない瀬戸内海でカツオに見立てられたとする「真似鰹(マネガツオ)」の説が有力となる。

【関連語】

イボダイ・疣鯛(いぼだい) うまい 海(うみ)
鱗(うろこ) オキメダイ・沖目鯛(おきめだい) カツオ・鰹(かつお)
魚(さかな) 肴(さかな) スズキ・鱸(すずき)
ドクウロコイボダイ・毒鱗疣鯛 ハナビラウオ・花びら魚 ボウズコンニャク・坊主蒟蒻
真・実・誠(まこと) まな板(まないた) 学ぶ(まなぶ)
真似(まね) マルイボダイ・丸疣鯛 メダイ・眼鯛(めだい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス