学ぶ

【意味】 学ぶとは、教えを受けて知識や技芸を身に付ける。勉強する。学問をする。まねる。

【学ぶの語源・由来】

学ぶは、「まねぶ(学ぶ)」と同源で、「まねる(真似る)」とも同じ語源である。
そのため、学ぶの語源は「真似ぶ(まねぶ)」とされることも多いが、「まなぶ」と「まねぶ」は同じ時代に見られる語で、その前後関係ははっきりしていない。
「真に似せる」の意味から「まね」や「まねぶ」が生まれ、「まなぶ」という語が生じたか、「誠に習う」の意味から「まなぶ」が生まれ、名詞形「まね」と、その動詞形「まねぶ」の語が生まれたと考えられる。
「まなぶ」は、教えを受けたり学問をする意味で多く用いられ、「まねぶ」は「まなぶ」よりも学問をする意味は薄く、模倣する意味で用いられることが多かった。
また、「まねぶ」は主に口頭語として用いられていたが、「真似る」が広く用いられるようになったため、「まなぶ」の雅語(雅言)として扱われるようになった。

【関連語】

あんちょこ 一夜漬け(いちやづけ) インストラクター
インフォプレナー 蘊蓄・薀蓄(うんちく) お浚い(おさらい)
教える(おしえる) 覚える(おぼえる) 温故知新(おんこちしん)
学ラン(がくらん) カルチャー 考える(かんがえる)
驥尾に付す(きびにふす) 教科書(きょうかしょ) 稽古(けいこ)
蛍雪の功(けいせつのこう) コーチ 仕付け・躾(しつけ)
指南(しなん) 塾(じゅく) 知る(しる)
スクール スパルタ教育(きょういく) 切磋琢磨(せっさたくま)
先生(せんせい) 付け焼刃(つけやきば) 寺子屋(てらこや)
虎の巻(とらのまき) 習う(ならう) 勉強(べんきょう)
真似(まね) メンター 分かる・解る・判る(わかる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

学ぶ(まなぶ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
学ぶのことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス