マムシ

【意味】 マムシとは、クサリヘビ科の毒蛇の総称。灰褐色の地に大きな銭形の斑紋がある。カエル・ネズミなどを捕食する。はみ。くちばみ。

【マムシの語源・由来】

マムシは、「虫」に「本当」「真性」を意味する「真」がついた「真虫」が語源であろう。
ヘビは「長虫」とも呼ばれ、虫の一種とされていた。
その中でもマムシは毒を持っていて恐ろしい虫であるから、虫の中の虫という意味で「真虫」と名付けられたと考えられる。
また、マムシを古くは「はみ」と言ったことから、「はみむし」の略転で「まむし」になったとする説も有力である。
漢字の「蝮」は、「膨れた腹の虫」を表している。

【関連語】

アオダイショウ・青大将 アナコンダ アマガサヘビ・雨傘蛇
アミメニシキヘビ・網目錦蛇 ウミヘビ・海蛇(うみへび) 蟒蛇(うわばみ)
恐ろしい(おそろしい) 大蛇(おろち) カエル・蛙(かえる)
ガラガラヘビ・がらがら蛇 ガラスヒバア カラスヘビ・烏蛇(からすへび)
キングヘビ・キング蛇 クサリヘビ・鎖蛇(くさりへび) 蛇(くちなわ)
蝮(くちばみ) コブラ サイドワインダー
サトメグリ・里回り(さとめぐり) サンドバイパー シマヘビ・縞蛇(しまへび)
ジムグリ・地潜(じむぐり) シロマダラ・白斑(しろまだら) スネーク
毒(どく) ニシキヘビ・錦蛇(にしきへび) ネズミ・鼠(ねずみ)
ネズミトリ・鼠取り・鼠捕り パイソン ハブ・波布・飯匙倩(はぶ)
ハミ・蝮(はみ) 腹(はら) ヒバカリ・日計・竹根蛇
ヒャッポダ・百歩蛇 膨れる・脹れる(ふくれる) ヘビ・蛇(へび)
ボア(ヘビ) 鰻(まむし) マムシグサ・蝮草(まむしぐさ)
虫(むし) メガネヘビ・眼鏡蛇 メクラヘビ・盲蛇(めくらへび)
ヤシキマワリ・屋敷廻り ヤマカガシ・赤楝蛇・山楝蛇 蟒蛇(やまかがち)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス