ままかり

【意味】 ままかりとは、岡山県など瀬戸内海岸で、サッパ(ニシン科)の小魚の異名。また、これに塩をふり、酢に漬け込んだもの。

【ままかりの語源・由来】

ままかりの「まま」は、「まんま」と同じ「飯」のことで、漢字では「飯借り」と書く。
この魚の酢漬けがあまりにも美味しいため、飯がなくなってしまい、隣の家から飯を借りてまで食べたことから、「ままかり」となった。
ままかりの酢漬けは、豊漁と不漁の差が大きい魚であるため、豊漁で食べきれなかったものを酢漬けにして保存したのが始まりといわれる。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス