【意味】 枕とは、寝る時に頭を乗せて支える寝具。

【枕の語源・由来】

枕の語源は、「ま+くら」とする説と、「まく+ら」とする説がある。
「ま+くら」の説には、頭の隙間を支える意味で「間座(まくら)」、神・霊を召喚するために頭を乗せる意味で「真座(まくら)」などがある。
その他、「ま」を「頭のま」とする説など数多くあるが、それぞれの言葉が使われていた時代が前後するため、有力な説とはされていない。
「まく+ら」説は、「枕にして寝る」意味の動詞「まく」に接尾語の「ら」が付き、名詞化された語というものである。
万葉集に「大和女(やまとめ)の 膝麻久(ひざまく)ごとに 吾を忘らすな」と、「まく」の例がみられる。
また、「ま+くら」と「まく+ら」の中間に位置する「纏く(まく)+座(くら)」や、「巻く(まく)+座(くら)」といった説もある。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス