幕の内弁当

【意味】 幕の内弁当とは、胡麻をかけた俵形のにぎり飯と、卵焼き、蒲鉾、焼き魚などのおかずを詰め合わせた弁当。幕の内。

【幕の内弁当の語源・由来】

江戸時代の芝居見物から出た言葉である。
芝居で舞台の幕が下り、次の場面で幕が上がるまでのことを「幕の内」や「幕間(まくあい)」と言い、その間に食べる弁当という意味で名付けられた。
相撲の小結を「幕内力士」や「幕の内」とも呼ぶことから、小さな俵形のおむすびと小結をかけたとする説もあるが、相撲見物の時に食べる弁当を意味したわけではなく、小さなにぎり飯も単に食べやすくしたもので、相撲の「幕内」が語源ではない。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス