まじめ

【意味】 まじめとは、真剣であること。本気であること。また、そのさま。誠意のこもっていること。誠実であること。また、そのさま。

【まじめの語源・由来】

まじめの「まじ」は、「まじろぐ」の「まじ」と同じで、しきりに瞬きするさまのこと。
じっと見つめるさまを表す「まじまじ」も、元は目をしばたかせるさまを表していた。
まじめの「め」は、「目」の意味である。
まじめは、緊張して目をしばたかせるだけの真剣な顔つきから、本気であることや、誠実なさまを表すようになった。
また、近世には真剣な顔つきになることだけでなく、目をしばたたかせる姿から、おびえた硬い表情や白けた顔なども「まじめ」と言った。
なお、漢字で「真面目」と表記するのは、意味から当てられた当て字である。

【関連語】

いい加減(いいかげん) 潔い(いさぎよい) 一生懸命(いっしょうけんめい)
一心不乱(いっしんふらん) 一点張り(いってんばり) 慇懃(いんぎん)
恭しい(うやうやしい) 厳か(おごそか) 顔(かお)
堅い・固い・硬い(かたい) 堅苦しい(かたくるしい) ガチで
我武者羅(がむしゃら) ガリ勉(がりべん) 頑張る(がんばる)
几帳面(きちょうめん) 生真面目(きまじめ) 健気(けなげ)
克明(こくめい) 四角四面(しかくしめん) 瞬く(しばたく)
地道(じみち) しゃかりき 遮二無二(しゃにむに)
純潔・純血(じゅんけつ) 純真(じゅんしん) 純粋(じゅんすい)
正直(しょうじき) 白ける(しらける) 真剣(しんけん)
尋常(じんじょう) 神妙(しんみょう) 荘重(そうちょう)
ちゃんと 丁重・鄭重(ていちょう) 丁寧(ていねい)
天衣無縫(てんいむほう) 天真爛漫(てんしんらんまん) 熱心(ねっしん)
励む(はげむ) 只管(ひたすら) 直向き(ひたむき)
一筋(ひとすじ) マジ まじまじ
瞬ぐ(まじろぐ) 真面(まとも) 瞬き(まばたき)
忠実(まめ) 無邪気(むじゃき) 無二無三(むにむさん)
目・眼(め) 律儀(りちぎ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

真面目(まじめ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス