舞茸

【意味】 舞茸とは、担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科のキノコ。秋にミズナラなどの広葉樹の根元に生える。βグルカンを多く含み、抗がん作用があるといわれる。

【舞茸の語源・由来】

舞茸は茎が分岐して多数の傘が重なり合い、全体が舞っているように見えることから付いた名前である。
『今昔物語集』には、京都の北山で舞茸を食べたら、舞踊り笑いが止まらなくなった人が出たため、これを「舞茸」と言うようになったという説話がある。
しかし、これは今日で言う「舞茸」ではなく、ワライタケなどの幻覚性キノコを指しているため、舞茸の語源とはされていない。

【関連語】

アガリクス アミガサタケ・編笠茸 アラゲキクラゲ・荒毛木耳
アンズタケ・杏茸(あんずたけ) イモタケ・芋茸(いもたけ) ウラベニホテイシメジ
エノキダケ・榎茸(えのきだけ) エリンギ 踊り・躍り(おどり)
オニフスベ・鬼燻(おにふすべ) 傘・笠(かさ) ガン・癌(がん)
カンゾウタケ・肝臓茸 キクラゲ・木耳(きくらげ) キシメジ・黄占地(きしめじ)
キヌガサタケ・衣笠茸 キノコ・茸(きのこ) クリタケ・栗茸(くりたけ)
コノミタケ・好味茸 サプリメント サルノコシカケ・猿の腰掛
シイタケ・椎茸(しいたけ) シメジ・湿地・占地(しめじ) シャンピニオン
ショウロ・松露(しょうろ) シロキクラゲ・白木耳 スギヒラタケ・杉平茸
タマキクラゲ・珠木耳 タマゴダケ・卵茸(たまごだけ) チチタケ・乳茸(ちちたけ)
冬虫夏草(とうちゅうかそう) トリュフ ナメコ・滑子(なめこ)
ナラ・楢・柞・枹(なら) ナラタケ・楢茸(ならたけ) ヌメリイグチ・滑り猪口
根(ね) ハエトリシメジ・蠅取占地 バカマツタケ・馬鹿松茸
ハツタケ・初茸(はつたけ) ハナイグチ・花猪口 ヒラタケ・平茸(ひらたけ)
ブナシメジ・山毛欅占地 ポルチーニ 舞い(まい)
マッシュルーム マツタケ・松茸(まつたけ) 笑い(わらい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス