マグロ

【意味】 マグロとは、スズキ目サバ科マグロ属の海水魚の総称。日本の近海には、クロマグロ・メバチ・キハダ・ビンナガ・コシナガ。遠洋で漁獲されるものには、ミナミマグロ・タイセイヨウマグロがある。

【マグロの語源・由来】

目が黒いことから「眼黒(まぐろ)」の意味とする説と、背が黒く海を泳ぐ姿が真っ黒な小山に見えることから「真黒(まぐろ)」の意味とする説がある。
マグロはどれも目が黒いため、眼黒の説が妥当と考えられるが、マグロの代表がクロマグロであるため、真黒の説も捨てがたい。
大形のものを「シビ」、小形のものを「メジ」と呼ぶこともある。
「鮪」の「有」は「外側を囲むという」意味で、「鮪」の漢字には大きく外枠を描くように回遊する魚の意味がある。

【関連語】

海(うみ) カツオ・鰹(かつお) カマス・梭魚・梭子魚(かます)
キハダ・黄肌(きはだ) 黒(くろ) コシナガ・腰長(こしなが)
魚(さかな) サバ・鯖(さば) サワラ・鰆(さわら)
シビ・鮪(しび) スズキ・鱸(すずき) スマ・須万(すま)
背・背中(せ・せなか) タチウオ・太刀魚(たちうお) ツナ
鉄火巻き(てっかまき) トロ ビンナガ・鬢長(びんなが)
眼(まなこ) 目・眼(め) メジマグロ・めじ鮪(めじまぐろ)
メバチ・眼撥(めばち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス