孫の手

【意味】 孫の手とは、竹または木の一方を曲げ、手先のような形にした棒。背中を掻くのに用いる。

【孫の手の語源・由来】

孫の手は、「麻姑(まこ)の手」が変化した語。
麻姑とは、鳥のように爪が長い、中国の伝説上の仙女である。
麻姑の爪で痒いところを掻いてもらったならば、非常に気持ち良いだろうということで、背中を掻く棒を「麻姑の手」と呼ぶようになった。
この「麻姑の手」は、現在の「孫の手」のように小さく丸みを帯びたものではなく、爪は長く大きなものであった。
それが1500年頃に日本へ伝わり、現在の孫の手の形に少しずつ変化していき、「まこ」の音と小さな手の形から「孫」が連想され、「孫の手」と呼ぶようになった。

【関連語】

団扇(うちわ) 扇(おうぎ) 掻く(かく)
痒い(かゆい) 木・樹(き) 櫛(くし)
匙(さじ) 背・背中(せ・せなか) 扇子(せんす)
タケ・竹(たけ) 束子(たわし) 小さい(ちいさい)
爪楊枝(つまようじ) 爪(つめ) 手(て)
道具(どうぐ) トリ・鳥(とり) フォーク
ブラシ ヘラ・箆(へら) 棒(ぼう)
孫(まご) 麻姑掻痒(まこそうよう) 麻姑を倩うて痒きを掻く

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス