マグニチュード

【意味】 マグニチュードとは、地震の規模を示す尺度。また、その数値。震源のエネルギーが大きいほど大。震度とは異なる。記号M。

【マグニチュードの語源・由来】

マグニチュードは、1935年にアメリカの地震学者チャールズ・リヒター(リクターとも呼ぶ)が定義したもので、リヒター・スケールともいう。
英語の「magnitude」は、「大きさ」を意味するラテン語「magnus」に、性質・状態の抽象名詞をつくる「tude」がついた語。
マグニチュードには「恒星の光度」「光度による等級」の意味があり、幼少期のリヒターは天文学に関心があったことから、地震の規模に「magnitude(マグニチュード)」を採用したといわれる。

【関連語】

アール アンペア インチ
エネルギー 大きい(おおきい) オーム
オクターブ オングストローム オンス
ガウス 華氏(かし) カラット
ガル カロリー カンデラ
規模(きぼ) キュリー キロ
位(くらい) グラム ケルビン
シーベルト ジュール スカラー
ステラジアン 摂氏(せっし) センチメートル
ダイン 津波(つなみ) 坪(つぼ)
デシベル テックス デニール
トル トロイオンス トン
雪崩(なだれ) ナマズ・鯰(なまず) ノット
バール バイト ピクセル
ビット フィート ヘクタール
ヘクトパスカル ベクトル ベクレル
ヘルツ ボルト ホン
ポンド ミリ メートル
モル 匁(もんめ) ヤード
揺れる(ゆれる) リットル ルーメン
ルクス 列氏(れっし) ワット

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス