【意味】 靴とは、履物の一種。足先全体を覆い、歩行するのに用いる具。

【靴の語源・由来】

「ケルタル(蹴足)」の転や、足を納めるさまを表す擬態語「クツ」など諸説あるが、朝鮮から日本に多くの文物が持ち込まれたことから、朝鮮語の「kuit(グドゥ)」説が有力。
世界で最も古い履物は古代エジプトのサンダルで、西洋靴のルーツとなっている。
日本では、軍靴の必要から明治初年に西洋靴が作られるようになったが、履物という意味での靴は、奈良・平安時代には既に履かれていた。
ただし、当時は上流階級のみが履き、庶民は裸足であった。
鎌倉・室町時代には、鼻緒のある履物が発達し、靴は公家階級だけのものとなった。
現在は、ほとんどが「靴」と表記されるが、装束の履物を指す際の靴は「履」と表記され、革製の履は「沓」と表記された。

【関連語】

アカグツ・赤靴(あかぐつ) 足・脚・肢(あし) 歩く(あるく)
お洒落(おしゃれ) 隔靴掻痒(かっかそうよう) 瓜田に靴を納れず
皮・革(かわ) かんじき 靴新しと雖も首に加えず
靴下(くつした) クツテドリ・沓手鳥(くつてどり) 沓の子を打つ(くつのこをうつ)
靴を隔てて痒きを掻く 下駄(げた) 蹴る(ける)
サンダル 地下足袋(じかたび) スエード
ズック スニーカー スリッパ
雪駄(せった) 草履(ぞうり) ソックス
足袋(たび) 履く・穿く(はく) 走る(はしる)
跣・裸足(はだし) 鼻緒(はなお) パンプス
ファッション ブーツ ブランド
ミュール 草鞋(わらじ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス