クスノキ

【意味】 クスノキとは、クスノキ科の常緑高木。暖地に自生。長寿で、高さ20メートル以上にもなる。全体に芳香があり、樟脳をとる。クス。

【クスノキの語源・由来】

クスノキの語源は諸説あるが、「クスリノキ(薬の木)」「クスシキ(奇し木)」とする説が妥当であろう。
クスノキからは樟脳をとり、香料・殺虫剤・防臭剤などにすることから「薬の木」。
「奇し」は「霊妙だ」「不思議だ」という意味の形容詞。
「薬」は霊妙な薬効があるものいい、「奇し」と同源であるため、クスノキの語源は「薬の木」と「奇し木」のどちらともいえる。
漢字「樟」の「章」は「高く伸びる」を表し、「楠」は「南方原産の木」を表している。

【関連語】

アオモジ・青文字(あおもじ) 油チャン・油瀝青(あぶらちゃん) アボカド
イヌガシ・犬樫(いぬがし) 香り・薫り・馨り(かおり) カゴノキ・鹿子の木(かごのき)
カシア 木・樹(き) 楠学問(くすのきがくもん)
薬(くすり) クロモジ・黒文字(くろもじ) ゲッケイジュ・月桂樹
サッサフラス シロダモ・白だも(しろだも) シロモジ・白文字(しろもじ)
スナヅル・砂蔓(すなづる) タブノキ・椨(たぶのき) ダンコウバイ・檀香梅
テンダイウヤク・天台烏薬 ナンジャモンジャ・何じゃもんじゃ ニッケイ・肉桂(にっけい)
伸びる・延びる(のびる) バリバリノキ・ばりばりの木 不思議(ふしぎ)
南(みなみ) ヤブニッケイ・藪肉桂 ヤマコウバシ・山香ばし

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス