【意味】 草とは、植物で地上に現れている部分が柔軟で、気質の部分が発達しないもの。草本(そうほん)。屋根葺きなどに用いるカヤ・ススキ・藁。

【草の語源・由来】

「カサカサ」「グサグサ」といった音からとする説や、「毛」から分化したとする説。
「クサフサ(茎多)」の約略や、毎年枯れることから「腐る」の意味など諸説あるが、どれも説得力に欠ける。
「く」は「木」が「コ」「キ」「ク」と母音変化することから、「茎」の「く」と同じく「木」を表したものと考えられる。
「さ」は接尾辞「さ」で、木が硬くて大きく真っ直ぐなのに対し、草は柔軟で短いことから、木と区別するために加えられたものであろう。

【関連語】

アカネ・茜(あかね) イネ・稲(いね) 埋め草(うめくさ)
枝(えだ) 大きい(おおきい) 雄蕊(おしべ)
オモダカ・沢瀉(おもだか) ガーデニング 萼(がく)
堅い・固い・硬い(かたい) 株(かぶ) ガマ・蒲・香蒲(がま)
カヤ・茅・萱(かや) カヤツリグサ・蚊帳吊草 枯れる(かれる)
木・樹(き) キキョウ・桔梗(ききょう) キク・菊(きく)
雉の草隠れ(きじのくさかくれ) キンポウゲ・金鳳花 茎(くき)
草野球(くさやきゅう) 腐る(くさる) 草分け(くさわけ)
草を打って蛇を驚かす 草を結ぶ(くさをむすぶ) 薬(くすり)
草臥れる(くたびれる) 毛(け) ケシ・芥子・罌粟(けし)
コケ・苔(こけ) コショウ・胡椒(こしょう) 梢・杪(こずえ)
ゴマノハグサ・胡麻の葉草 コンブ・昆布(こんぶ) サクラソウ・桜草(さくらそう)
サトイモ・里芋(さといも) 莢(さや) サラダ
仕草・仕種(しぐさ) 茂る・繁る(しげる) シソ・紫蘇(しそ)
ショウガ・生姜(しょうが) ススキ・薄・芒(すすき) スミレ・菫(すみれ)
セリ・芹(せり) 草創(そうそう) 草履(ぞうり)
タデ・蓼(たで) 種(たね) タバコ・煙草(たばこ)
蕾・莟(つぼみ) ツユクサ・露草(つゆくさ) 蔓(つる)
トウダイグサ・灯台草 刺・棘(とげ) 菜(な)
苗(なえ) ナス・茄子(なす) ナデシコ・撫子(なでしこ)
七草粥(ななくさがゆ) 根(ね) 葉(は)
ハーブ 葉っぱ(はっぱ) 花・華(はな)
バラ・薔薇(ばら) ビワモドキ・枇杷擬(びわもどき) 総・房(ふさ)
ベジタブル 穂(ほ) 薪(まき)
マメ・豆(まめ) マンサク・万作(まんさく) 実(み)
幹(みき) 短い(みじかい) 蜜(みつ)
緑(みどり) 芽(め) 雌蕊(めしべ)
モ・藻(も) モクレン・木蓮(もくれん) ヤシ・椰子(やし)
屋根(やね) 藪(やぶ) 柔らかい・軟らかい
ユリ・百合(ゆり) ラン・蘭(らん) リンドウ・竜胆(りんどう)
藁(わら) 草鞋(わらじ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス