くるま

【意味】 くるまとは、軸を中心に回る仕組みの輪。車輪。車輪を回転させて進むようにした乗り物や運搬具。自動車・自転車・荷車。

【くるまの語源・由来】

「くる」は物が回転するさまを表す「くるくる」や、目が回る意味の「くるめく(眩く)」などの「くる」で擬態語。
「ま」は「わ(輪)」の転と考えられる。
漢字の「車」は、車輪を軸でとめた二輪車を描いた象形文字である。
単に「車」と言った場合、現在では自動車をさすことが多いが、中古・中世には「牛車(ぎっしゃ)」、明治・大正時代には「人力車」をさすのが一般的であった。

【関連語】

アクセル ウシ・牛(うし) エンジン
エンスー エンスト オイル
オートバイ オグルマ・小車(おぐるま) 籠・駕籠(かご)
カザグルマ・風車(かざぐるま) ガレージ キャタピラー
キャブ 口車(くちぐるま) クルマエビ・車海老(くるまえび)
クルマダイ・車鯛(くるまだい) クルマユリ・車百合(くるまゆり) 眩く(くるめく)
クレーン コックピット 軸(じく)
シャトルバス シャリンバイ・車輪梅 唇歯輔車(しんしほしゃ)
スクーター 大八車(だいはちぐるま) タイヤ
タクシー タコメーター 山車(だし)
タンクローリー 単車(たんしゃ) 壇尻・楽車(だんじり)
ダンプカー チャリンコ 轟く(とどろく)
トラクター トラック トレイン
トレーラー トロリーバス 猫車・ネコ車(ねこぐるま)
バイク ハイヤー 走る(はしる)
バス(車) ハルシャギク・波斯菊・春車菊 ハンドル
飛行機(ひこうき) 火の車(ひのくるま) フォークリフト
船・舟(ふね) ブルドーザー ブレーキ
ベロタクシー ホイール マフラー
回る・廻る(まわる) マンボウ・翻車魚(まんぼう) 目眩く(めくるめく)
畚(もっこ) ヤグルマギク・矢車菊 ヤグルマソウ・矢車草
横車を押す(よこぐるまをおす) リムジン リヤカー
レッカー 輪(わ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス