くりからもんもん

【意味】 くりからもんもんとは、背中一面に彫った倶利迦羅竜王の入れ墨。また、その入れ墨をした人。入れ墨。倶利伽羅。倶梨伽羅。紋々。倶利迦羅紋々。

【くりからもんもんの語源・由来】

くりからもんもんの「くりから(倶利迦羅)」は、サンスクリット語「Kulika(Kulikaraja)」の音写で、不動明王の変化身「倶利迦羅竜王」のこと。
倶利迦羅竜王の形像は、火炎に包まれた竜が岩の上に立った宝剣に巻きつき、呑み込もうとしているさまで表される。
くりからもんもんの「もんもん(紋紋)」は、模様の意味の「紋」を重ねた語か、火炎に包まれた竜から「燃え燃え」の意味といわれるが、前者の「模様」が語源であろう。
本来、くりからもんもんは倶利迦羅竜王の入れ墨を指す語であるが、背中一面に彫られることから「大きな入れ墨」についても言うようになり、そこから、単に「入れ墨」も言うようになった。
「入れ墨」を指して「もんもん」と言うのも、「くりからもんもん」からである。

【関連語】

アート 入れ墨・刺青(いれずみ) 大きい(おおきい)
白粉(おしろい) 隈取り(くまどり) 黥(げい)
炭・墨(すみ) 背・背中(せ・せなか) 竜・龍(たつ)
タトゥー・TATTOO ネイルポリッシュ 肌・膚(はだ)
ピアス ファッション ファンデーション
文身(ぶんしん) ペイント ペディキュア
紅(べに) 掘る・彫る(ほる) マスカラ
マニキュア メイク 燃える(もえる)
模様(もよう) ヤクザ 竜・龍(りゅう)
ルージュ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス