くノ一

【意味】 くノ一とは、女忍者。くの一。

【くノ一の語源・由来】

漢字の「女」を分解すると「く」「ノ」「一」になることから、忍者の隠語で「女性」のことを指し、主に「女忍」をいうようになった。
一説には、人体には九つの穴(目、耳、鼻、口、へそ、肛門)があり、女性にはもう一つ穴があることから、本来は「九ノ一」と書き、「くノ一」は小説家の山田風太郎による造語といった説もある。
しかし、穴の定義に曖昧なところがあることや、あえて漢字表記の「九ノ一」にして解りづらくしたとも考えられることから、これらの説はやや疑問が残る。

【関連語】

穴・孔(あな) 暗中模索(あんちゅうもさく) 女(おんな)
家臣(かしん) 曲者(くせもの) 口(くち)
下僕(げぼく) 家来(けらい) 股肱(ここう)
探る(さぐる) 侍(さむらい) 忍ぶ(しのぶ)
僕・下部(しもべ) 情報(じょうほう) 尻(しり)
助(すけ) すっぱ抜く(すっぱぬく) スパイ
走狗(そうく) 手下(てした) 鼻(はな)
秘書(ひしょ) 秘密(ひみつ) 腹心(ふくしん)
武士(ぶし) 物色(ぶっしょく) プライバシー
臍(へそ) 巫女(みこ) 耳(みみ)
目・眼(め) 用心棒(ようじんぼう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス