苦肉の策

【意味】 苦肉の策とは、苦しまぎれに考えだした手段。苦肉の謀(はかりごと)。苦肉の計。

【苦肉の策の語源・由来】

苦肉の策の「苦肉」は、敵をあざむくために自分の身(肉)や味方を苦しめることを意味した。
これは、人は自ら傷つけることはなく、他人に傷つけられるものなので、傷つけられた人を信用してしまうといった心理を逆手にとった考えである。
『兵法三十六計』の第三十四計の戦術には、この心理を使った「苦肉計」があり、その代表的な例は『三国志演義』の赤壁の戦いで描かれている偽計で、これが「苦肉」の語源ともいわれる。
自身や味方を苦しめて相手をあざむくことをいった「苦肉」だが、「苦」という語の連想から、苦し紛れに考え出した手段、切羽詰った状態から逃れるためにとる手段をいうようになった。

【関連語】

欺く(あざむく) アドリブ 行き当たりばったり
鼬の最後っ屁 一夜漬け(いちやづけ) インスタント
嘘も方便(うそもほうべん) 奥の手(おくのて) お座成り(おざなり)
仮初(かりそめ) 危機一髪(ききいっぱつ) 傷(きず)
切り札(きりふだ) 苦しい(くるしい) 企てる(くわだてる)
剣が峰(けんがみね) 姑息(こそく) 糊塗(こと)
自転車操業(じてんしゃそうぎょう) 凌ぐ(しのぐ) 四面楚歌(しめんそか)
手段(しゅだん) 正念場(しょうねんば) 進退窮まる
絶体絶命(ぜったいぜつめい) 切羽詰まる(せっぱつまる) 瀬戸際(せとぎわ)
即座(そくざ) 即席(そくせき) 企み(たくらみ)
断腸の思い 付け焼刃(つけやきば) 敵(てき)
出たとこ勝負 手筈(てはず) 伝家の宝刀(でんかのほうとう)
土壇場(どたんば) 泥縄(どろなわ) 泣いて馬謖を斬る
肉(にく) 俄(にわか) のっぴきならない
背水の陣(はいすいのじん) 謀(はかりごと) 弥縫(びほう)
ピンチ プラン プロジェクト
亡命(ぼうめい) 味方(みかた) 目論見(もくろみ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス