隈取り

【意味】 隈取りとは、歌舞伎で役柄を強調するために施す独特の化粧法。日本画(東洋画)で、遠近や高低を表すために墨や色をぼかして描くこと。暈染(うんぜん)。暈取り。くま取り。

【隈取りの語源・由来】

隈取りの「隈」は、道や川の曲がって入りくんだ所や、そのような所にできる物影をいった語で、そこから、「隈」は濃い色と薄い色・光と陰の境界部分や、濃い色や陰の部分も表すようになった。
さらに、色彩で濃淡や陰影をつけることを「隈取る(くまどる)」と言うようになり、名詞化して「隈取り」となった。
歌舞伎の隈取りは、初代市川団十郎(團十郎)が人形浄瑠璃からヒントを得て、紅と墨を用いて化粧したのが始まりといわれる。

【関連語】

アート 淡い(あわい) 入れ墨・刺青(いれずみ)
色(いろ) 薄い(うすい) 絵・画(え)
白粉(おしろい) 顔(かお) 書く・描く・画く(かく)
陰・蔭・翳・影(かげ) 歌舞伎(かぶき) 川・河(かわ)
隈・曲・阿(くま) 倶利迦羅紋紋(くりからもんもん) 黥(げい)
濃い(こい) 境(さかい) 浄瑠璃(じょうるり)
炭・墨(すみ) タトゥー・TATTOO 近い(ちかい)
遠い(とおい) ドーラン 取る・執る・採る・捕る・撮る(とる)
人形(にんぎょう) ネイルポリッシュ ファンデーション
文身(ぶんしん) ペイント ペディキュア
紅(べに) 暈す(ぼかす) 曲がる(まがる)
マスカラ マニキュア 道(みち)
メイク ルージュ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス