くぎ煮

【意味】 くぎ煮とは、佃煮の一種。生のいかなごを醤油やみりん・砂糖・生姜などで甘辛く煮込んだもの。

【くぎ煮の語源・由来】

くぎ煮の名前の由来は、この食べ物が茶色く折れ曲がっており、錆びて折れ曲がった釘に見えるところから「くぎ煮」としたとする説。
錆びた釘に似ていることから、「釘似」で「くぎ煮」になったとする説。
くぎ煮を作る様子が釘を煎っているように見えたことから、元々は「釘煎り」と呼ばれており、「釘煎り」が「釘り」、そして「くぎ煮」に変化したとする説がある。
このうち、錆びて折れ曲がった釘に見えるからとする説が有力と考えられている。
また、「くぎ煮」という名前は、1960年代頃、神戸市垂水漁協の組合長の命名によるものともいわれるが定かではない。

【関連語】

イカナゴ・玉筋魚(いかなご) 磯部煮(いそべに) 従兄弟煮(いとこに)
煎る・炒る・熬る(いる) 旨煮・甘煮(うまに) おかず
小倉煮(おぐらに) オランダ煮(おらんだに) カナギ
カマスゴ・加末須古(かますご) がめ煮(がめに) 甘露煮(かんろに)
儀助煮(ぎすけに) 金平(きんぴら) 釘(くぎ)
具足煮(ぐそくに) コウナゴ・小女子(こうなご) ごまめ
魚(さかな) 桜煮(さくらに) サビ・錆・銹(さび)
沢煮(さわに) 時雨煮(しぐれに) 治部煮(じぶに)
ショウガ・生姜(しょうが) 醤油(しょうゆ) シンコ・新子(しんこ)
鼈煮(すっぽんに) 駿河煮(するがに) 仙台煮(せんだいに)
田作り(たつくり・たづくり) 筑前煮(ちくぜんに) 茶色(ちゃいろ)
縮緬雑魚(ちりめんじゃこ) 佃煮(つくだに) 定家煮(ていかに)
土佐煮(とさに) 難波煮(なんばに) 南蛮煮(なんばんに)
煮染め(にしめ) 煮る(にる) 翡翠煮(ひすいに)
フルセ・古背(ふるせ) 風呂吹き大根 鼈甲煮(べっこうに)
味醂(みりん) メロウド・女郎人(めろうど) 大和煮(やまとに)
吉野煮(よしのに) 利休煮(りきゅうに) 料理(りょうり)
レシピ 若竹煮(わかたけに)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス