口裏を合わせる

【意味】 口裏を合わせるとは、表向きに言うことが矛盾しないよう示し合わせること。口裏合わせ。

【口裏を合わせるの語源・由来】

「口裏」とは、相手の口ぶりから本心を察することを意味する。
表向きの言葉を合わせるのに「口裏を合わせる」と用いられるのは、相手に矛盾を感じさせず、本心や本当のことを推測されないように合わせておくことからである。
口裏の語源は、人の言葉を聞いて吉凶を占うことで、本来「口占」と書く。
「口占」の意味が派生し、表向きの言葉から本心を察する意味となり、「本心=裏」で「口裏」と書かれるようになった。
『源平盛衰記』には「源繁昌の口占ありとぞ私語(ささや)きける」とある。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス