【意味】 唇とは、口の入り口の上下にある、薄い皮で覆われた柔らかい部分。飲食・発音・呼吸の際、重要な役割を果たす。口唇(こうしん)。「脣」とも書く。

【唇の語源・由来】

唇は、口のふちにあることから「くちへり(口縁)」の転か、「くちへら(口辺)」の意味と考えられている。
上代には清音で「クチヒル」と言っていたようで、奈良時代の仏典には「脣」に「久知比流」の訓が見られる。
「くちびる」と濁音化された例は、平安末期の漢和辞書『類聚名義抄』に見られる。
漢字の「唇」や「脣」の「辰」は、「振」や「震」にも用いられているように、ふるえることと関係している。
「辰」の原字は、貝殻からびりびりふるえる柔らかい貝の足が出た姿を描いた象形文字で、「唇」の字は、柔らかくてふるえるくちびるを表していた。

【関連語】

顎(あご) 足・脚・肢(あし) 息(いき)
薄い(うすい) 鰓(えら) 貝(かい)
顔(かお) 皮・革(かわ) キス・キッス
口(くち) 嘴(くちばし) 唇亡びて歯寒し
唇を返す(くちびるをかえす) グロス 声(こえ)
潮吹き(しおふき) 舌(した) 唇歯輔車(しんしほしゃ)
接吻(せっぷん) 食べる(たべる) タラコ・鱈子(たらこ)
タン 唾(つば) 飲む・呑む(のむ)
歯(は) 鼻(はな) 花弁(はなびら)
髭・鬚・髯(ひげ) ひょっとこ 笛(ふえ)
縁(ふち) 振る(ふる) 震える(ふるえる)
紅(べに) 縁(へり) べろ
頬(ほお・ほほ) マウス(口) マウスピース
マスク 柔らかい・軟らかい(やわらかい) 涎(よだれ)
リップ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス