軍艦巻き

【意味】 軍艦巻きとは、握ったすし飯の側面を海苔で巻き、イクラやウニなど崩れやすいネタを乗せたすし。軍艦巻。

【軍艦巻きの語源・由来】

軍艦巻きの名は、横から見た姿が軍艦に似ていることから付いたものである。
軍艦巻きを考案したのは、昭和16年、東京銀座の高級寿司店『久兵衛』の主人で、常連客の「イクラの寿司が食べたい」という要望から考えたものといわれる。
現在では、イクラの軍艦巻き以外にも、カニ味噌やネギトロなど、柔らかくて崩れやすいネタを使った様々な軍艦巻きが作られるようになった。

【関連語】

あがり(お茶) 洗い(あらい) 飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし)
飯無し鮨(いいなしずし) イクラ 一夜鮨(いちやずし)
稲荷寿司(いなりずし) ウニ・海胆・海栗・雲丹(うに) 卯の花寿司(うのはなずし)
江戸前(えどまえ) 恵方巻き(えほうまき) 大阪鮨(おおさかずし)
お造り(おつくり) おにぎり おむすび
かっぱ巻き(かっぱまき) カニ・蟹(かに) ガリ
客(きゃく) 腐り鮨(くさりずし) 崩す(くずす)
毛抜き鮨(けぬきずし) 杮寿司(こけらずし) 御飯(ごはん)
米(こめ) 刺身(さしみ) 信太寿司(しのだずし)
信太巻き(しのだまき) シャリ・舎利(しゃり) 助六寿司(すけろくずし)
寿司・鮨・鮓(すし) 雀鮨・雀寿司(すずめずし) タタキ
伊達巻き(だてまき) 散らし寿司(ちらしずし) 釣瓶鮨(つるべずし)
鉄火巻き(てっかまき) トロ 鳴門巻き(なるとまき)
馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし) 握る(にぎる) ネギトロ
ネタ 海苔(のり) バッテラ
巻く(まく) 味噌(みそ) ムラサキ・紫(むらさき)
飯(めし) 目張り寿司(めはりずし) 弥助鮨(やすけずし)
柔らかい・軟らかい ライス

【関連リンク】

軍艦巻き/軍艦巻(ぐんかんまき)の意味・類語・同音異義語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス