グラジオラス

【意味】 グラジオラスとは、ユリ目アヤメ科の多年草。南アフリカ原産。夏、赤・黄・白などの花が総状に咲く。唐菖蒲(とうしょうぶ)。オランダ菖蒲(あやめ)。

【グラジオラスの語源・由来】

英語「gladiolus」からだが、もとはラテン語。
グラジオラスの葉(花が咲く前のつぼみとも)は剣に似ており、「剣」を意味するラテン語「gladius」から、「小型の剣」という意味で「gladiolus」の名が造られた。
「gladiolus」の名を最初に用いたのは、古代ローマの博物学者で政治家のガイウス・プリニウス・セクンドゥスといわれる。

【関連語】

アイリス 赤(あか) アヤメ・菖蒲(あやめ)
イキシア 一八・鳶尾(いちはつ) カキツバタ・杜若・燕子花
黄色(きいろ) キショウブ・黄菖蒲(きしょうぶ) キペラ
草(くさ) クロッカス 剣(けん)
咲く(さく) サフラン シャガ・射干・著莪(しゃが)
ショウブ・菖蒲(しょうぶ) 白(しろ) ダッチアイリス
チグリジア 蕾・莟(つぼみ) 剣(つるぎ)
ドイツアヤメ・ドイツ菖蒲(あやめ) 夏(なつ) ニワゼキショウ・庭石菖
ネジアヤメ・捩菖蒲(ねじあやめ) ノハナショウブ・野花菖蒲 葉(は)
花・華(はな) ハナショウブ・花菖蒲 バビアナ
ヒオウギ・檜扇(植物) ヒメアヤメ・姫菖蒲(ひめあやめ) ヒメシャガ・姫射干(ひめしゃが)
フリージア モントブレチア ユリ・百合(ゆり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス