クレープ

【意味】 クレープとは、小麦粉に牛乳や卵を加えて溶いたゆるい生地を鉄板で薄く焼いたもの。クリームやジャム、フルーツをくるんで食べる。

【クレープの語源・由来】

クレープは、フランス語からの外来語。
本来、クレープは強撚糸を縮緬風に縮みじわをつけた織物を指す語で、「クレップ」とも呼ばれる。
これがパンケーキの名前になったのは、生地を焼いた際、表面にできる焦げ模様が縮緬に似ているためである。
クレープの発祥はフランス北西部のブルターニュ地方で、そば粉で作ったパンケーキのガレットが変化したものといわれる。

【関連語】

アイスクリーム ウエハース エクレア
お好み焼き(おこのみやき) ガレット 生地(きじ)
餃子(ぎょうざ) クリーム ケーキ
コッペパン コムギ・小麦(こむぎ) サブレ
サンドイッチ シフォンケーキ ジャム
シュークリーム ショートケーキ タコス
卵・玉子(たまご) タルト チヂミ
粽(ちまき) チャパティ ティラミス
縮緬(ちりめん) トースト トルテ
トルティーヤ どんどん焼き(どんどんやき) ナン
バインセオ バウムクーヘン パウンドケーキ
パラチンタ 春巻き(はるまき) パン
パンケーキ ハンバーガー ピザ
ブリンツ フルーツ ブレッド
ホットドッグ 饅頭(まんじゅう) ミルク
ミルクレープ ミルフィーユ 模様(もよう)
もんじゃ焼き(もんじゃやき) モンブラン 焼く(やく)
ラトケス ワッフル

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス