クレヨン

【意味】 クレヨンとは、ロウで固めた棒状の絵具。クレオン。

【クレヨンの語源・由来】

クレヨンは、英語「crayon」からの外来語で、その語源はフランス語にある。
フランス語の「crayon」は「鉛筆」を意味し、「crayon pastel(パステル鉛筆)」を略したのが、英語の英語「crayon(クレヨン)」である。
フランス語「crayon」は、「白亜」を意味する「Craie」に「小片」を意味する「-on」がついた語で、広義には「鉛筆」「コンテ」「パステル」などの棒状の画材や、それを用いた絵画を指す。
日本では、大正時代に山本鼎による自由画教育運動の普及によって、児童画の材料としてクレヨンは普及した。
また、児童の図画用絵具としてクレヨンが用いられる理由には、簡単に描けること、尖っていないこと、硬くないこと、「鉛」「カドミウム」「ヒ素」などの有毒物質を含んでいないことが挙げられる。

【関連語】

アート イラスト 色(いろ)
インキ・インク 絵・画(え) 鉛筆(えんぴつ)
書く・描く・画く(かく) カドミウム カラー
カラス口・烏口(からすぐち) キャンバス グラフィック
クレパス クロッキー コンテ
シャープペンシル スケッチ 硯(すずり)
炭・墨(すみ) 算盤(そろばん) チャコール
チョーク デザイン デッサン
テンペラ 毒(どく) 鉛(なまり)
糊(のり) ハサミ・鋏(はさみ) パステル
パラフィン ヒ素・砒素(ひそ) フェルトペン
筆(ふで) ペイント ペンキ
ペンシル 棒(ぼう) ボールペン
ホッチキス マジックインキ 万年筆(まんねんひつ)
矢立て(やたて) 落書き(らくがき) ローソク・蝋燭(ろうそく)

【関連リンク】

「クレヨン」と「クレパス」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス