クッキー

【意味】 クッキーとは、小麦粉に砂糖・バター・香料などを入れて練ったものを天火で焼いた洋菓子。
インターネット用語のクッキーは、サーバーコンピュータから利用者のブラウザに送信され、管理・識別するために一時的に蓄積される情報。また、その仕組み。

【クッキーの語源・由来】

ケーキや焼き菓子を意味するオランダ語「koek(クーク)」に由来する。
「koek」の小さなものを「koekje(クーキェ)」と言い、「koekje」が英語に入って「cookie」となった。
インターネット用語のクッキーの語源は、毎回違うメッセージを表示することから、おみくじ入りの「fortune cookie(フォーチュン・クッキー)」を語源とする説。
テレビ番組『セサミストリー』のクッキーモンスターがいつも食べているように、ウェブサーバーに食べられるという意味で付けられたとする説。
単に「食べられる」の意味で名付けられたなど諸説あるが、正確な語源は未詳。
Cookieは、Netscape社が同社のブラウザ『Netscape Navigator』に搭載したのを機に、その利便性から『Internet Explorer』など多くのブラウザにもサポートされるようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス