クリスマスツリー

【意味】 クリスマスツリーとは、クリスマスに飾り物・贈り物などをつけて立てる木。主に樅(もみ)の木を使う。聖樹。Christmas tree。

【クリスマスツリーの語源・由来】

クリスマスツリーの由来は、ドイツに起源があるといわれる。
モミの木に住む小人が村に幸せを運んでくれるという信仰から、花・卵・ロウソクなどをモミの木に飾り、その周囲を踊りで囲み、小人にいつまでも木に留まってもらう祭りがあり、これがクリスマスツリーの起源と考えられている。
また、この小人がサンタクロースになったともいわれる。
常緑樹のモミの木は冬でも葉が落ちず、永遠の生命を象徴するものとして崇拝の対象とされていた。
ただし、日本ではクリスマスツリーにモミの木を使うが、モミの木は日本特産の木で、ヨーロッパではオウシュウトウヒが使われるため、この木はオウシュウトウヒであったと考えられる。
日本でクリスマスツリーにモミの木が使われるようになったのは、オウシュウトウヒの学名「Picea abies」の「abies」と、モミ属の属名「Abies」が同一であるため、モミの木と勘違いしたというのが一般的な説である。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス