狡兎死して走狗烹らる

【意味】 狡兎死して走狗烹らるとは、役に立つ時は重宝がられ、必要がなくなると捨てられることのたとえ。

【狡兎死して走狗烹らるの語源・由来】

出典は『史記(越王勾践世家)』で、「狡兎(こうと)」はすばしっこいウサギ、「走狗(そうく)」は猟犬のこと。
ウサギを追うのに使われていた犬も、ウサギが死んでしまえば用がなくなり、煮て食われてしまうことにたとえ、敵国が滅びると、軍事に尽くした功臣であっても邪魔者扱いされて殺されてしまう意味で用いられた。

【関連語】

イヌ・犬・狗(いぬ) 引導を渡す(いんどうをわたす) ウサギ・兎(うさぎ)
裏切る(うらぎる) お払い箱(おはらいばこ) 馘首(かくしゅ)
肩叩き(かたたたき) 諺(ことわざ) 殺す(ころす)
死ぬ(しぬ) 邪魔(じゃま) 捨てる(すてる)
走狗(そうく) 尽す(つくす) 爪弾き(つまはじき)
敵(てき) トマソン 仲間(なかま)
ニーズ 煮る(にる) 梯子を外される
飛鳥尽きて良弓蔵る 罷免(ひめん) 味方(みかた)
無用の長物(むようのちょうぶつ) リストラ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

狡兎死して走狗烹らるの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス