小女子

【意味】 小女子とは、イカナゴの異名。普通、全長5センチ程度の若魚をさす。

【小女子の語源・由来】

イカナゴの別名で、中でも小さいものをさすことから、「小イカナゴ」が変化したといわれることもある。
しかし、「イカナゴ」の「カ」は強い音で、頭に「コ」が付いたとしても「イカナゴ」から「ウナゴ」への変化は難しい。
小女子の体はウナギのように細長く、それを小さくしたような魚であるから、「小ウナゴ(コウナゴ)」とする説が妥当であろう。
「コウナゴ」の発音が「コオナゴ」ともなるところから、漢字は「おなご」に「女子」が当てられたものと考えられる。

【関連語】

イカナゴ・玉筋魚(いかなご) ウナギ・鰻(うなぎ) 女(おんな)
カナギ カマスゴ・加末須古(かますご) 釘煮(くぎに)
魚(さかな) シンコ・新子(しんこ) 小さい(ちいさい)
縮緬雑魚(ちりめんじゃこ) ハタハタ・鰰(はたはた) ブリコ
フルセ・古背(ふるせ) メロウド・女郎人(めろうど)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス