コウモリ

【意味】 コウモリとは、哺乳綱翼手目に属する動物の総称。指・胴・後あし・尾との間に薄い飛膜を張って翼を形成し、自由に空を飛ぶ唯一の哺乳類。超音波を発する。こうもり傘の略。

【コウモリの語源・由来】

平安中期には「カハホリ」と呼ばれ、平安末期には「カハボリ」と濁音化された。
その後、幾度かの音変化を経て「コウモリ」となった。
語源には、川辺の洞窟などにいることから、川を守るものの意味で「川守(かわもり)」とする説や、蚊を食べることから「蚊屠り(かほふり)」とする説、蚊を好むことから「蚊を欲り(かをほり)」など諸説ある。
しかし、「かわもり」は音変化の過程にある語なので考えがたく、「カハボリ」の「カハ」が「皮」のアクセントと一致することから、「蚊」に由来する説も難しい。
「皮(かは)」と「ほり」からなり、「ほり」は「張り」か「振り」が転じたもので、翼としている薄い飛膜に由来するものと考えられる。

【関連語】

アブラコウモリ・油蝙蝠 イイズナ・飯綱(いいずな) 薄い(うすい)
蚊(か) カニコウモリ・蟹蝙蝠 川・河(かわ)
皮・革(かわ) こうもり傘(こうもりがさ) 翼(つばさ)
テングコウモリ・天狗蝙蝠 トリ・鳥(とり) 鳥無き里の蝙蝠
ネズミ・鼠(ねずみ) 羽・羽根・翅(はね) ミンク
ムササビ モグラ・土竜(もぐら) モモンガ
モルモット リス・栗鼠(りす)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス