口実

【意味】 口実とは、言い逃れや言いがかりの材料。また、その言葉。言い訳。

【口実の語源・由来】

漢語では、口の中に満ちるというのが「口実」の原義。
口の中に満ちるものには飲食物と言葉があるが、日本では「言葉(言い草)」の意味として平安時代から使われるようになった。
明治時代以降、中身のない言葉に無理に実を込めようとするところから、「口実」は言い訳や言い掛かりの材料を意味するようになった。

【関連語】

証(あかし) アリバイ 言い草(いいぐさ)
言う・云う・謂う(いう) 一言居士(いちげんこじ) いちゃもん
嘘(うそ) 裏付け(うらづけ) 隠れ蓑(かくれみの)
託ける(かこつける) 口(くち) けちをつける
牽強付会(けんきょうふかい) こじつけ 御託を並べる(ごたくをならべる)
言葉(ことば) 四の五の言う(しのごのいう) 錦の御旗(にしきのみはた)
能書き(のうがき) 屁理屈(へりくつ) 方便(ほうべん)
実(み) 満ちる・充ちる(みちる) 無理矢理(むりやり)
理屈・理窟(りくつ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

口実(こうじつ)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス