香典

【意味】 香典とは、仏式の葬儀で死者の霊前に供える金品。香料。

【香典の語源・由来】

香典は、本来「香奠」と書く。
「香奠」の「香」は文字通り「香(線香)」のことで、「奠」は「供える」「まつる」の意味。
香典の元々の意味は仏前に香を供えることであったが、現代では香の代わりとして現金が香典が渡されるようになった。
また、葬儀などにかかった費用が香典よりも多く余りが出た場合には、香典返しとして返したり、寺に寄進されていた。
現代ではそれが慣例となっており、余った金額に関係なく、香典の額に応じた品物(1/3~半額程度)を返すようになっている。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「御霊前」と「御仏前」の違い・使い分け - 違いがわかる事典
香典(こうでん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス