弘法にも筆の誤り

【意味】 弘法にも筆の誤りとは、その道に長じた人でも時には失敗することがあるというたとえ。

【弘法にも筆の誤りの語源・由来】

弘法とは嵯峨天皇、橘逸勢と共に平安時代の三筆の一人に数えられる弘法大師(空海)のこと。
その弘法が天皇の命を受けて応天門の額を書いたが、「応」の字の「心」の一番上の点をひとつ書き落とした。
そこから、弘法のような書の名人でさえ書き損じることもあるものだと、失敗した際の慰めとして、この句は使われるようになった。
ただし、弘法は書き損じた額を下ろさず、筆を投げつけて見事に点を書いていることから、本来この句には、「弘法のような書の名人は直し方も常人とは違う」といった称賛の意味も含まれている。

【関連語】

誤る・謝る(あやまる) エラー 鉛筆(えんぴつ)
落ち度(おちど) おっちょこちょい 書く・描く・画く(かく)
河童の川流れ 画竜点睛を欠く 完璧(かんぺき)
弘法筆を選ばず 諺(ことわざ) 誤魔化す(ごまかす)
猿も木から落ちる しくじる 上手の手から水が漏れる
杜撰(ずさん) 千慮の一失(せんりょのいっしつ) 粗相(そそう)
とちる 筆(ふで) へま
ミス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス