コツ

【意味】 コツとは、物事をするための大切なポイント。要領。勘所。

【コツの語源・由来】

コツの語源は、漢語「骨(こつ)」。
骨は体の中心にあり、体を支える役目を果たしていることから、人間の本質や素質などを意味する。
そこから、コツは勘所や要領も意味するようになり、物事の本質を見抜き、自分のものにすることを「コツをつかむ」と言うようになった。

【関連語】

あんちょこ インストラクター インフォプレナー
腕前(うでまえ) うまい 蘊蓄・薀蓄(うんちく)
お株を奪う(おかぶをうばう) お墨付き(おすみつき) 十八番(おはこ)
折り紙つき(おりがみつき) 要(かなめ) 体(からだ)
教科書(きょうかしょ) 玄人(くろうと) コーチ
栞・枝折り(しおり) 指南(しなん) 定石・定跡(じょうせき)
真髄・神髄(しんずい) 正鵠を射る(せいこくをいる) ツボ
テクニック テンプレート 虎の巻(とらのまき)
雛形・雛型(ひながた) 骨(ほね) マニュアル
道標(みちしるべ) 目から鱗が落ちる 目安(めやす)
モデル レシピ 技・業(わざ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス