ことごとく

【意味】 ことごとくとは、残らず。すべて。みな。

【ことごとくの語源・由来】

ことごとくは、「すっかり」「残らず」「全部」を意味する副詞「ことごと(悉)」に接尾語「く」がついた語。
「ことごと」は上代から見られる語で、「事」を重ねて物事の全てを表した「事事」から。
同様に「事」を重ねた言葉には、「おおげさである」「仰々しい」といった意味の形容詞「事々しい」がある。
「ことごとく」は、平安以降に見られる語形で、はじめは漢文訓読系の文章で用いられた。

【関連語】

遍く・普く(あまねく) 洗い浚い(あらいざらい) 粗方(あらかた)
あらまし あらゆる 有りっ丈(ありったけ)
一切合財(いっさいがっさい) 大袈裟(おおげさ) 概ね(おおむね)
押し並べて(おしなべて) 凡そ(およそ) 仰々しい(ぎょうぎょうしい)
隈無く(くまなく) 挙る(こぞる) ご多分に漏れず
ごっそり 事々しい(ことごとしい) すっかり
全て・総て・凡て(すべて) 全然(ぜんぜん) 総スカン(そうすかん)
そっくり 大体(だいたい) 大抵(たいてい)
具に・備に(つぶさに) 猫も杓子も(ねこもしゃくしも) 軒並み(のきなみ)
残る・遺る(のこる) ピンからキリまで 殆ど(ほとんど)
全く(まったく) 満遍なく(まんべんなく) 皆(みな・みんな)
万・萬(よろず)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス