【意味】 腰とは、人体で脊柱の下部から骨盤のあたり。ウエスト。

【腰の語源・由来】

くびれているところであるため、「体の層(こし)」の意味とする説。
上半身と下半身との間にある要所であることから、「越(こし)」の意味とする説。
朝鮮語の「Xori」と同源など、諸説あるが未詳である。

【関連語】

足・脚・肢(あし) イス・椅子(いす) ウエスト
おっぱい 及び腰(およびごし) 要(かなめ)
体(からだ) 首・頸(くび) 尻・穴(けつ)
喧嘩腰(けんかごし) コシアカツバメ・腰赤燕 コシアキトンボ・腰明蜻蛉
腰石(こしいし) 腰板(こしいた) 腰折れ文(こしおれぶみ)
腰がある(こしがある) 腰が重い(こしがおもい) 腰が軽い(こしがかるい)
腰が砕ける(こしがくだける) コシカケアリ・腰掛け蟻 腰が据わる(こしがすわる)
腰が高い(こしがたかい) 腰が強い(こしがつよい) 腰が抜ける(こしがぬける)
腰が入る(こしがはいる) 腰が低い(こしがひくい) 腰が弱い(こしがよわい)
腰巾着(こしぎんちゃく) 腰郭(こしぐるわ) コシダカガンガラ・腰高雁空
コシダカサザエ・腰高栄螺 コシナガ・腰長(こしなが) 腰に梓の弓を張る
腰元(こしもと) 腰を入れる(こしをいれる) 腰を落ち着ける(こしをおちつける)
腰を折る(こしをおる) 腰を据える(こしをすえる) 腰を抜かす(こしをぬかす)
尻(しり) 背・背中(せ・せなか) 丹田(たんでん)
乳(ちち) バスト 腹(はら)
膝(ひざ) 肘・肱・臂(ひじ) ヒップ
太股・太腿(ふともも) 臍(へそ) へっぴり腰(へっぴりごし)
ヘルニア 骨(ほね) 股(また)
鳩尾(みぞおち) 胸(むね) 脇・腋(わき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス